2015年02月

2015年02月28日

作家の火坂雅志氏が死去されたとのこと

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150227-00000072-mai-soci
<ここから引用>
火坂雅志さん58歳(ひさか・まさし<本名・中川雅志=なかがわ・まさし>作家)26日、
急性膵炎(すいえん)のため死去。葬儀は近親者のみで営む。喪主は妻洋子(ようこ)さん。

 早稲田大卒。出版社勤務を経て、1988年「花月秘拳行」でデビュー。2007年、
直江兼続を描いた「天地人」で中山義秀文学賞。同作はNHK大河ドラマになった。
他に「臥竜(がりょう)の天」「軍師の門」など。昨年10月から入院していた。
<引用ここまで>


いや残念ですね。こんな若さで亡くなられてしまうとは。
58歳なんて時代小説のジャンルなら、まだまだこれからって歳じゃないですか。
ご冥福をお祈りしたい。

自分も氏の作品はいくつか読んでいますが、いい作家さんでしたね。
大河ドラマ化された「天地人」が有名ですし、
他にも「虎の城」など長編も色々と書かれていますが、
どちらかといえば短編の方が光るものがある作家さんだったと思っています。

ややマイナーな戦国武将ばかりを題材にした短編集「壮心の夢」は名短編ばかりで
読んだあとに感慨が尾を引く感じが、すごく好きでした。
氏の書籍の中ではこれが一番印象に残ってます。
その中でも木村吉清を主人公にした「抜擢」
赤松広通を主人公にした「桃源」の二本は
題材となった武将のマイナーさに反して、その味のある生き様が印象的で、
すごく面白かったです。

赤松広通がどれだけ領民に慕われた偉い領主だったのかを知ることができたのは
とてもありがたいことでした。もっと知名度が上がって欲しい、理想の領主と言っていい人。
よくぞこの武将を題材にして小説を書いてくれた、と強く感謝したい。

とまあ、火坂作品に関しては自分はこのくらいしか語れませんが、
とにかく惜しい作家を亡くしたものです。
マジもったいないなあ……
同時に、健康には気をつけないといけないなあ、と思わされますね。


2015年02月05日

1月に買ったエロゲ

1月はエロゲは2本購入しました。
205

左……夏の色のノスタルジア
右……ラウテスアルタクス


夏ノスについては、シナリオライターの呉氏のファンなので、自分は迷わず予約購入しました。
今回は原点回帰ということで、MOONSTONEブランドとしては初期以来久しぶりにシリアス路線とのこと。
もうね、この日をずっと待ってましたよ……
『何処へ行くの、あの日』をはじめ、呉氏の鬱・シリアスシナリオに惚れていた身としてはね。
MOONSTONEが路線を変えて明るい萌えゲーを中心に作るようになってからも、
そうした作品でも呉氏のテイストが味わえるのではないかと思いながら、
ずっと氏の萌えゲーも購入していました。まあ、萌えゲーも好きなんで普通に楽しんでましたがw
ともあれ、今回の作品のリリースは、長年の買い支えが報われた気持ちになって感無量でしたね。
そしてゲーム自体もどっぷりと浸って楽しみました。
はい、もうコンプしました。今は2周目やってます。
感想についてはもう批評空間に投稿済みですが、わりと満足感があります。
やっぱり呉さんの書くクセのある性格のヒロインはシリアス物にこそ合うよ!
そんなことを思いつつ書いた感想はこちらです。ネタバレあるのでごめんなさい。
http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/memo.php?game=21092&uid=houtengageki


ラウテスアルタクスというちょっと何語なのかもよくわからないゲームについては、キャラ買いです。
発売前に制作スタッフをチェックすると、シナリオライターは神野マサキ氏と望月JET氏。
これを見ただけで、ムダに長い今までのエロゲ経験から
「ああ、このメンツじゃ大ハズレは無いだろうけど大当たりもしないだろうなあ」
とか思っちゃったりしたわけですが、それでも購入したのはキャラクターに惹かれたからです。
パッケ右側にいる佐奈というキャラ。
黒髪、ツリ目、眼鏡。この組み合わせに最近弱くてですね……
不安要素であった性格面も体験版をやった限りでは好感が持てたので、
この佐奈を目当てに購入したというわけです。
まあもしかしたら話も面白いかもしれないし、久々にちょっとギャンブルに近い購入の仕方をしました。
たまには絵買い、キャラ買いもしてみようかなと。




以上です。
他には、ソフトハウスシールの新作が格闘少女モノらしいんで少し気になってるぐらい。
あとは、戯画の『ハルキス』とかユニゾンシフトの『レイライン』の完結編? とかが注目作なのかな。
『まじかるカナン』の続編も出たらしいですね。すごいなつかしいね。
まあ自分はもう2015年しょっぱなから念願かなって燃え尽きたよ。
いや、まだまだ呉さんにはシリアスゲーを書き続けて欲しいし、もっといいものを作れる人だと思うので
次にも期待したいですけどね。
こんなこと言ってますが夏ノスには決して大満足したわけじゃないので。

では今回はこんなところで。
2月末にも大物エロゲーが控えているので、今から楽しみですね。


自己紹介
ニックネーム:houtengageki

自己紹介:エロゲーマー。
エロゲー批評空間で
エロゲーやギャルゲーの
レビューとかしてます。

Twitter:houten_kouta
批評空間:houtengageki

当ブログ、上記リンク先ともに
18禁ゲームの話題を
扱うことがありますので、
18歳未満の方は
閲覧をご遠慮ください。

リンクフリーです