同人ゲーム

2016年01月28日

同人エロRPG『女騎士リミッシュ 〜フェルン奉公記〜』について

久々の更新です。
本日はとある同人エロRPGをご紹介。

RJ169706_img_main

女騎士リミッシュ 〜フェルン奉公記〜
http://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ169706.html

サークル「ももしば杏子」のRPG三作目の作品になります。
自分はこのサークルさんのRPGは今までもテストプレイを担当させていただいてきましたが、
今回もやらせていただきました。
今日はテストプレイヤーの視点から、本作をご紹介させていただこうと思います。

DLsiteさんの作品ページの紹介文にある通り、おねショタもののRPGとなっております。
女騎士リミッシュと公爵家の御曹司ラインの二人で、
エロいことをしたりダンジョンを攻略したり、といった内容です。
愛情度と淫乱度の数値が特徴的でして、この数値によってエロイベントが発生したり
汎用エロイベントのテキストが変化したりします。
愛情度が一定以上ならイチャラブな雰囲気になりますが、低ければ険悪なHになったり、といった具合ですね。
コスチュームを着替えることでエロイベントが発生する、などの要素もあります。

他にはボスに敗北したときの陵辱イベントなどもあり、そうしたシーンは寝取られ感がかなり出ていると思います。
鬼畜なイベントなどもありますし、結構手広くシチュをカバーしていると言えそうです。
スタート地点である公爵家の屋敷内からして、結構多くのイベントが用意されていますので
絵柄やキャラクター、それにおねショタというジャンルが好きならば、エロの満足度は保証できます。

RPGとしては、戦闘のテンポがいいのでレベル上げなどもそれほど苦にならず行えました。
難度は高すぎはしませんがそれなりに手応えはある、という感じでしょうか。
面白いのは武器防具の強化システムですね。
本作は装備を付け替えは装飾品のみ行なえ、武器と防具は二人とも固定装備になっていて
武器防具のパラメータを上げるには鍛冶屋で強化してもらうというシステムになっているのですが
強化アイテムを集めて、少しずつ装備のレベルを上げて強くしていくのがかなり気持ちいい。
ちまちま強化していく楽しさが好きな人なら、この要素はかなり好きになれるのではないでしょうか?


全体的に、かなりまとまった出来のエロRPGだと思います。
三作目ということで、かなり制作がこなれてきた感じがあり、遊びやすくなってますね。
当初の予定よりも発売が早まったのですが、それだけテストプレイも順調だったわけでして。
エンディングが多いのも特徴ですが、トゥルーエンドクリア後は回想を全開放することもできますので
気楽に遊ぶこともできると思います。
そんなわけで、この場でオススメさせていただこうと思います。
いや、テストプレイとはいえ自分も制作に関わっている人間ですので、よろしくお願いします、
と言っておこうかな。

では、今回はこれで失礼いたします。


2013年09月03日

とある同人エロRPGについて、ちょっとご紹介

今日はちょっと宣伝です。

  イルツォーク・サーガ ~女戦士レンの冒険~
http://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ119355.html

こちらの同人エロRPGですが、本日DLsite.comで販売が開始されたのですが
自分がテストプレイを担当させていただいた作品なのです。
見ての通り肉付きの良い絵柄なので、むちむちな体型の女性キャラが好き方に
オススメという感じですね。

戦闘敗北時にモンスターに陵辱されるという、 こうしたエロRPGにおけるお約束なエロシーンがメインで、
異種姦エロシーンが大半を占めていますので、そういうのが好きなら
シーン数は40近い数ですので、コストパフォーマンスも良いのではないかなと思います。
自分がテストプレイしていた感じでも、なかなかエロCGのクオリティも高いし
エロシーンもわりとエロいシチュの揃った作品だと思います。

モンスターを仲間にしてパーティを組むのですが、
編成の自由度が高いのでRPGとしても結構楽しい作品に仕上がっています。

それにしてもテストプレイというのもなかなか貴重な体験でした。
普通の感覚でプレイしたり、バグを意識的に探す感じでプレイしたり
意識することを変えながら何周もプレイを重ねましたからね。
バグをつぶしたり、物足りない部分に新要素を追加したりして、
ゲームの完成度がだんだん上がっていく過程を見るのは興味深かったです。

そんなわけで今回は、そのようにしてちょっと関わった作品を宣伝させていただきました。
しかし今回、同人ゲームが作られていく過程をそばで見ていたわけですが、
いずれ自分でもこういう同人ゲーム作ってみたいなあ、 ということも思いました。
自分の好きなエロシチュを好きに盛り込めるっていうのは夢がありますからねえ。

2013年08月17日

東方の新作を買いました

東方シリーズの新作、『東方輝針城』が昨日届きました。

コミケには行かなかったので通販で購入。
ちょっとやってみましたが、画面上部に出てアイテム自動回収を発動させると
アイテムの回収量に応じて残機やボムのエクステンドアイテムが出るシステムになっているようで
要は、ガンガン前に出ることで有利になるわけですね。

敵の攻撃とかをかいくぐって前に出るのは当然難しいですが、
そのためのパターンを組むのは楽しいし、かなり熱い気分になれる仕様だなあと感じました。
今回のシステムはシリーズの中でも好みかも。
ゲームバランス的には、前作の神霊廟と比べると道中があからさまにキツくなっていて、
逆にボスの難しさはそれほどでもない感じがします。

それにしても、やはり新作となるとワクワクします。
自分は弾幕シューティングは好きですが、あまり得意ではなく 下手の横好きという感じで、
いろんなゲームをやるもののクリアできることはあまりないのですが
東方シリーズはノーマルモードなら結構クリアを目指せるつくりになっているので かなり好きです。
Windows以降にリリースされた縦シューティングの東方は全部プレイしていますし。

キャラクター人気もあるシリーズですが、自分はそっち方面にはあまり興味はなく
シューティングゲームとしてだけ楽しんでる感じです。
あ、射命丸だけは別ですけど。あのキャラは好き。


CAVEをはじめとするアーケードの弾幕シューティングは、
クリアできるものならしてみろ、と言わんばかりに殺しに来る感じですが、
対して、東方は弾幕の避け方の正解が分かりやすくて、
気持ちよく避けさせようという意図を感じるゲームバランスになってます。
まあ一口に東方シリーズと言っても難度はいろいろですが……
破壊の爽快感よりも弾避けの爽快感を重視しているのでしょう。
何度もプレイすれば確実に上達しますし、パターン化もしやすいし、
とても遊びやすいのがいいな、と思います。

アーケードのシューティングも挑戦的で面白いですし、あれはあれでいいものですが、
東方についてはとにかく間口が広いなと思います。
面白さも解き方も非常に分かりやすいし。
その点が優れているから、シューティング全体がどんどんジリ貧になっていく中で
安定した人気を保っていられるのかな、と考えてます。
まあキャラ人気のおかげも大きいのだろうとは思いますが。
あと音楽もいいんですよね。音使いが独特で。
そんなわけで今回の新作もじっくり楽しみたいと思ってます。
最低でもノーマルをノーコンティニュークリアはしたいです。

自己紹介
ニックネーム:houtengageki

自己紹介:エロゲーマー。
エロゲー批評空間で
エロゲーやギャルゲーの
レビューとかしてます。

Twitter:houten_kouta
批評空間:houtengageki

当ブログ、上記リンク先ともに
18禁ゲームの話題を
扱うことがありますので、
18歳未満の方は
閲覧をご遠慮ください。

リンクフリーです