漫画

2014年03月08日

まんがタイムきらら系雑誌の打ち切り基準って、どうなってるのでしょう

自分は芳文社の萌え四コマ漫画の雑誌をいくつか買っていて、
それ以外の出版社の萌え四コマは目についたコミックスを買っていくスタイルで
楽しんでいます。
萌え四コマは絵が可愛いし、ほのぼのした気分になれていいですね。

ところで、芳文社のまんがタイムきらら系雑誌では、
連載がどこまで続くか、明確な壁が存在しているように感じます。
最近、好きだった作品がいくつも終了してしまってショックなことが続いたんですが、
この系列って結構打ち切りの判断が容赦なくて、バッサバッサ終わることがあるんですよね。
基準を部外者なりにまとめてみたくなったので、ちょっと考察してみました。

だいたい、コミックス何巻まで出して終了、という区切りがあるようです。


・3巻以上
安定した固定ファンが付いている人気連載の様子。
2巻を突破した連載は、アニメ化の芽も出てくる感じ。
たいてい掲載位置が前の方で安定していればこうなるが、
真ん中~後ろの方で固定されていても長期連載になる作品もたまにある。
(『三者三葉』『かいちょー』『R18!』等)
そういう作品は単行本の売上がいいのかも。
3巻完結でも充分に人気作品であり、4巻以上出る作品は希少な看板クラス。

・2巻で完結
それなりの人気をキープして中期連載作品として終了。
よく見るパターン。
掲載位置が真ん中から後ろあたりで安定してしまっている連載の場合は、
ここまで持って行ってスッキリ完結してくれれば御の字と言える。

・1巻発売後に打ち切り
当然2巻は出ない。コミックス派のファンが居た場合、
永遠に出ない2巻を事情を知らないまま待ち続けることになりかねない。
一番最悪の打ち切りパターン。

・1巻で完結
あまり人気が伸びないと判断された場合、こうなるのでしょう。
単行本1冊でスッキリまとまっているだけ1巻後打ち切りよりはだいぶマシ。
普通は1巻を発売して、そのコミックスの売り上げで様子を見るようなので
1巻でキッチリ終わる作品というのは意外と少ないです。

・1巻も出せずに打ち切り
人気がまったく出なかった連載はこうなってしまうのでしょう。たまに見る。
コミックス派が発生しない分、1巻発売後の打ち切りよりはまだマシかもしれない。

・連載に昇格できず
きらら系は、まずゲスト掲載(読み切りor2~3号連続掲載)という形で載せてから
人気があれば連載に昇格、というパターンが多いです。
そこで人気が出なければ、そもそも連載になれず消えていきます。
気に入ったゲスト漫画があった場合、自分は、きっちりアンケを送った上で、
連載化するかは分からないので雑誌から切り取って保存しておくようにしています。



そんな感じ。
コミックスを長く続けて出していくのは相当な人気がないと難しいようです。
1巻ごとに大きな壁になっているようで、特に2巻の壁を突破するには
安定した人気がないと難しい様子。
2巻まで行ければ、その後に途中打ち切りされることはほとんどなく、キリよく終わってくれることが多いです。
1巻後打ち切りはコミックスで取っておきたい読者にしてみると本当に最悪ですね。
4コマはページ数が少ないため、1年で1冊出れば速い方であるという発刊ペースの遅さがネック。
そのせいで、1巻出したあと2巻出ずに途中で打ち切りという酷い打ち切りスタイルが
生まれてしまっているのかな。

なので好きな連載があって、あまり人気がなさそうだと感じたなら
できるだけアンケートハガキ出しましょうねー
でもまあ、毎号、一番好きな連載の欄に記入してハガキ出してても
無慈悲に打ち切られることもあるんですけどね……
そういう時って、なまじ読者としてやれることをやっていただけにマジへこみますね。
俺の送ったアンケは無駄だったのかって思っちゃうし。



以下、無慈悲な1巻発売後打ち切りの憂き目にあった作品群のごく一部を紹介













他にもいくらでもあるから困る

2013年12月24日

まんがタイムきららMAX 2014年2月号感想

今月号は、『きんいろモザイク』と『ご注文はうさぎですか?』のコラボ表紙。
中身のカラーページでは、ごちうさアニメのキャスト情報が載ってます。
しかしMAXからのアニメ化も今後は活発になっていくんでしょうかね。

その割には、長く続いた中堅以下の連載が次々終わっていってますね。
今月は『スイーツどんぶり』『R18!』『ひろなex.』の3作が終了。
さらに来月では『▲コンプレックス』『おにさん、こちら』(これは打ち切りかな)
が終わり、他にも終了しそうな流れの作品がいくつかあります。
なんか人気が中堅以下に留まっている作品を一掃しようという意図があるのか、
と感じてしまう流れですね。
これで大丈夫なんだろうか、中堅が薄いと雑誌って読み応えが半減すると思いますが……

とはいえ、上位陣はさすがに安定して面白く、安心して読めるクオリティを保ってます。
『きんいろモザイク』なんかは、もう言うことなしですね、本当に安心感がある。
可愛さ重視で癒される漫画です。

『うにうにうにうに』は掲載位置が急上昇しましたが、やはりアンケ良いんでしょうかね。
ずっと安定して面白いからなあ、うには幼い言葉遣いや行動は可愛いし、
河内家の面々にからかわれて半泣きになる姿はよりいっそう可愛いw
今号ではうにの姉も出てきて、これもまた良いキャラしてましたし、
今後がどんどん楽しみになってきます。
この作品はもう早期打ち切りの心配はしなくてよさそう。
絵柄が地味目なこともあって、その危険も少しあると思ってたんですが、杞憂だったかな。

『彼氏ってどこに行ったら買えますの!?』は、新キャラはレズの女の子でしたw
彼氏が欲しいと常々言っている主人公の亜梨香と、噛み合わせが良さそうなキャラですね。
当然、亜梨香に言い寄ることになりそうですし、来月からは今までと違ったドタバタが楽しめそう。
やっとマンネリ打破が期待できそうです。
この作品はキャラは大好きなので、期待してるのです。面白くなっていくといいなあ。


今月載っている『愛しの花凛』はフォワードからのゲストのようです。
最近フォワードは読んでなかったので初読みでしたが、
まっとうな男女恋愛もののようで、普通におもしろいですね。
ヒロインが女の子らしくて可愛いし、ほどほどに少女漫画っぽさがあっていい。

あとは、他のゲスト漫画について、軽く感想を書いておこうと思います。

・ハラる 1話
『アキタランド・ゴシック』の器械氏の新作。
女の子にセクハラしまくる女の子を主役にした、普通の萌えギャグ四コマです。
やはり普通のものを描かせても、絵柄は可愛いしネタは面白いしで
一定以上の面白さは必ず出してきますね、この作者さんは。
個人的には、前回の『髪長の女』よりも好きですが、
今回のも連載向きかと言うと微妙な気がします。

・×××がうまく描けない!
漫画家デビューをした女の子が高校の漫研に入部する話。
絵柄がキャッチーで、ネタもまあまあ面白いですが、
先輩部員たちも全員プロ作家なので、
主人公がすでにデビュー済みの少女漫画家であるという設定が
特に活かされていない感じがしたのが惜しいかな。

・裏庭には…! 1話
きらら四コマには珍しく原作と作画が分かれているだけあって、
読み応えはなかなか良好でした。
一面に花の咲いた庭園のある学生寮に、ちょっと天然ボケの主人公が
入寮してくる話でしたが、ネタ自体には新鮮味は特にないものの
3人いるキャラがみんな個性的で面白かった。
今後に期待できそうな作品です。

・みことの一手! 3話
囲碁を題材にした、少し地味目の絵柄が特徴的な作品の3話目。
子供の集まるイベントで指導碁を打つ話でしたが、
毎回この作品は囲碁を打つ女の子の可愛さをそこそこ表現できている感じが
しますし、連載になってもうまくやっていけそうな作品だと感じます。


今回はこんなところですね。
それにしても、『ぶらまり』は連載が始まったばかりで早速2号休載するという
ことですが、有望な新連載なだけに少々残念だというのが本音です。
しかし大丈夫かなあこの雑誌w
最近いいゲスト多いので、その中からいい連載が育っていってくれればいいんですが。


2013年11月20日

まんがタイムきららMAX 2014年1月号感想

『ご注文はうさぎですか?』アニメ化決定とのことで、
表紙に大きく出ていますね。
久々に表紙を飾ったと思ったらこのニュース、景気がいいですね。
これからアニメの情報が毎号出てくることでしょうし、
しばらくはごちうさ表紙が続きそうです。

巻頭のページではアニメのスタッフが発表されていて、
監督が橋本裕之、シリーズ構成がふでやすかずゆき、
キャラクターデザインが奥田陽介、制作がWHITE FOX
となっていました。

監督の方についてはよく知りませんが、ふでやすかずゆき氏については
一定の実績がある方ですし、今放送しているワルキューレロマンツェなどは
かなりテンポも良くて面白いアニメに仕上がっていますから、
期待しても良さそうに思えます。
ただまあ、ごちうさについてはまずキャラクターデザインですね。
キャラクターの魅力と雰囲気を重視した漫画ですが、とにかく絵が可愛いのが最大の魅力。
あの絵柄をアニメでどれだけ再現できるかが、まずアニメの成功にあたって一番重要でしょう。
なので、絵柄が発表されるのが楽しみです。
きんいろモザイクぐらい再現度が高ければ言うことないのですが。


中身の方は、巻頭カラーの『ご注文はうさぎですか?』と、その次の『きんいろモザイク』
両看板とも安定した内容。
きんモザは体育祭の回でしたが、短パンだしサービスなどもチアガール姿が2コマあったぐらいで
おとなしいものなんですが、やっぱ運動してる女の子は可愛く感じる。
ネタ的にもちゃんとキャラの個性が活きてて面白かったですし、本当に安定してますね。

あとは、『いちごの入ったソーダ水』、『ホームメイドヒーローズ』あたりはもう上位で固定されてきたかな。
『彼氏ってどこに行ったら買えますの!?』は少々変化の兆し。
円満カップルだったみすずと哉ですが、哉が他の女生徒と仲良くしているという展開で
どうやら新キャラ登場のようです。
ずっと、このカップルのラブラブぶりを見て主人公の亜梨香が激しく突っ込むというネタの繰り返しで
安定しすぎた内容が続いていたので(それが面白くもあるんですが)、
こういうテコ入れは有効かなと感じます。まだ新キャラは顔見せ程度なので次号以降の展開が楽しみ。
哉の真面目で一途な性格を考えると、新キャラは男の娘じゃないかという予感もしますがw


そして、今号は、ある意味ではごちうさアニメ化以上の衝撃的な発表も。
ともに4巻を超える長期連載であった、『ひろなex』と『R18!』が次号で連載終了とのこと。
『スイーツどんぶり』も終了のようです。
看板の一つであった『かなめも』も終わったばかりで、
『コスプレの神!』も今号で終了、さらに『LSD』もクライマックスの気配を漂わせていますし、
こんなに中堅どころをどんどん終わらせてしまって大丈夫なのか、と心配になります。
世代交代を図っているのかもしれませんね。
個人的に、ひろなexはレトロゲームネタなどが世代直撃なのもあり、キャラも可愛くて
とても好きな連載だっただけに終わるのは惜しいです。
新連載が早めに始まってくれればいいんですが……


ただ、有望な新作もありますね。
『水瀬まりんの航海日誌』が連載開始しましたが、これはやはり質が高い。
キャラクターも充分に魅力があり、海洋冒険モノとしてのストーリーの面白さも望めそう。
シリアスな背景を持ちながらギャグもしっかり面白いので隙がないですね。
次代の看板候補という感じがします。

ゲスト作品の『具合が悪いので休ませてください』は3回の掲載が終わりましたが、
とても綺麗に締めくくられていて、
保健室という題材をしっかり掘り下げた深みのある作品になっていました。
勇気を持てない生徒が心を休ませる姿を描いていたのが良いです、
もちろん明るくボケとツッコミの日常風景も描かれますし、
健康診断などの保健室ならではのあるあるネタも面白いわけですが、
その上でしんみりさせてくれたり、心の成長を描いて充実感を感じさせてくれると、
読み味がぐっと深まりますからね。
連載化すればさらに面白くなりそうな作品なので、この作品の今後がとても楽しみ。

『モノ×モノ コミュニケーション』も、心を読める、コミュ障、という題材がしっかり活かされて
掲載されるたびに面白くなっていってる印象があります。
少々の百合っぽさもありますし、絵柄の地味さも今回はややカバーされていた感もあって、
連載になっても期待が持てそう。


これだけ次々と中堅以上の連載が終わるのですから、
新しく入ってくる作品は有望でなければ困るわけですが、
新連載やゲストには、質の高いものがちらほらあるので期待はできます。
正直、ひろなとR18の終了はショックでしたし、一瞬MAX買うのやめようかと思いましたが、
より面白い雑誌になってくれるなら問題はないわけで。
次号では再び、器械氏の新作が載るようなので、それも楽しみにしたいですね。



2013年10月21日

まんがタイムきららMAX 2013年12月号感想

今月のMAXは、相変わらずきんいろモザイク表紙。
アニメ最終回の特集、巻頭カラーと、やはりアニメが終わったばかりということもあり
大プッシュ状態はまだまだ続いていますね。
内容も相変わらず安定して面白くかつ可愛かったですし、
このままきんモザは看板で居続けて、そのうちアニメの第二期もやるんでしょうね。
円盤の売上は相当なものだったようですし。

その他の連載は、「かなめも」が最終回。
長く続いた看板の一つであり、MAX初アニメ化作品でもあるという
MAXの象徴的作品が終わってしまうのは寂しいものがあります。
しかし結構未回収の伏線があったと思うんですが、特に回収することなく普通に終わったなあ。
自分は熱心なファンじゃないからまだしも、ファンの人はもやもやしそうな気がしますが……
でもまあ、最終ページは綺麗なシーンでした。

「√中学生」も最終回で、今月号は2つも連載が終わったことになります。
そのかわりというべきか、今月から「ぶらまり~時給800円の吸血鬼~」が開始。
ゲスト時よりも面白くなったような印象があります。
ロリ吸血鬼が主人公なわけですが、全然怖くなく、情けない性格しているのがいいですね。
吸血鬼ネタを中心にした日常お気楽漫画になっていて面白いです。
これからさらにおもしろくなっていけば上位キープできそうな作品に思えました。


上位陣では、「こずみっしょん!」が萌えもギャグもキレを増してきていて面白く、
このまま安定していけば看板のひとつになっていきそうですね。
いい感じに百合っぽかった。バレンタインネタで季節感は無かったけどw

「ひろなex」は4ページという短い内容の掲載でしたが、
この長さでもきっちり近所を探検させて話としてもオチをつけてまとめているのが
なかなか凄いですね。いつも面白いだけに、やはりもう少し安定したページ数を読みたい。

気になるのは「彼氏ってどこに行ったら買えますの!?」で、
ここのところ安定して前の方だったのに、センターカラーでもないのに中盤に移動していました。
そろそろ飽きられてきたのかな。この作品が結構好きな自分からみても、マンネリを感じるからなあ。
さすがに毎月違う題材は用意されているんですけど、展開自体はいつも似た感じだし
毎回キャラの行動や反応が一緒で、いつも予想範囲内だから、意外性が無くて飽きてきてしまうんですよね。
キャラクターの新しい魅力が引き出されることがほとんどない。
安定感は大事ですけど、それだけだと長続きしないんじゃないかと思いました。
いつも同じように見えて工夫のある荒井チェリー作品あたりと比較すると分かりやすいです。
彼氏~は絵は個人的にMAXで一番好きだし、キャラも可愛いから、頑張ってほしい作品なので
そろそろ面白さが一段進化してくれないかなーと思ってます。
せめて展開かキャラのどっちかで新鮮味が欲しいなあ……


ここからはゲスト作品の感想を少々。

・具合が悪いので休ませてください 2話
1話と違ってギャグ重視で攻めてきてます。シリアスはほぼ無し。
健康診断の準備についての話でしたが、養護教諭側から見た健康診断の
うんちくやあるあるネタは、なかなかおもしろかった。
ボケとツッコミもしっかりしていて、ギャグのみでも読ませてくれるなあと感じましたし、
この作品は連載化して欲しいですね。キャラが魅力あるしネタも面白い。


・ハナイロ 2話
1話に比べ、かなり百合度の増した内容でした。
ただでさえ少女漫画風の柔らかいタッチなのに、これで濃い百合をやられると
萌えるには少々キツイものがあります。胃もたれする。
これはちょっと女性向けなんじゃないかなあ、と思えた2話目でした。
好きな人は好きそうだけど……



今月号の感想は、こんなところですね。
来月号では、「水瀬まりんの航海日誌」が連載開始だそうです。
やはりというか、先が楽しみになるような世界観とキャラ設定が光っていて面白い作品でしたし、
連載化するだろうなとは思っていましたが、この早さはアンケも良かったのかな。
楽しみな連載になりそうです。
戦艦で旅をする話ということで、海も兵器もMAXの誌面にはほとんど見られないものですから
他の作品と絵面的な差別化もしっかりできて、目立つ作品になりそう。
ただ、かわりに「コスプレの神!」が終わるようで、中堅どころがまたひとつ失われるわけで、
雑誌の安定感のためにも、新連載陣には頑張って欲しいところです。


2013年09月21日

まんがタイムきららMAX 2013年11月号感想

表紙は当然きんいろモザイク。
 まるで最終階であるかのようなお別れ感漂う絵。
もちろん連載は終わりませんが、アニメが今月で終わるからでしょうね。
See You AGAINと書いてあって次があるかのようですが、
なんでも今のところ2ch情報ですが円盤の予約がかなり良い推移であるらしく
売れ行きがよさそうな上、内容的にもアニメは久世橋先生が未登場であったり
充分に2期ができそうな要素が残っているので、
原作がある程度たまったら、本当に2期をやりそうな気がします。

さて今月号ですが、上位陣はどれも出来は安定していていつも通りでしたが
(逆に言うと、いつもより際立った出来の作品は少なかったかな)
『かなめも』が来月で最終回とのことで、看板連載のひとつが
そろそろ終わりそうな気配を漂わせているのは、寂寥感がありますね。

他にも『√中学生』も来月で終わるようです。
こちらは常に掲載位置が微妙だったので、終了は仕方なさそうな感じです。
キャラは悪くなかったんですが、どうも内容が毎回一本調子で
上向く気配がなかったですからねぇ……
それでも2巻出して終わりでしょうから打ち切り扱いではないので
よく完走した、という感じですが。

ひろなexは文化祭の回でしたが、まともに生物部的な活動をしていたので
なかなか見応えがありました。この作品はキャラがみんな個性的で可愛いので
部活回もエロ回も日常回も、何をやっても面白いね。

こずみっしょんはオカルトなことが起こりつつ、ちょっとだけ感動回でも
ありましたが、最近安定して面白いですね、これ。
掲載位置が上位で安定しつつあるのも納得のクオリティ。

あとはLSDと▲コンプレックスが、物語的にまとめに入っているように見えて
そろそろ終わるんだろうか、と感じられる流れでした。
LSDはもうちょっと長く続いて欲しいんだけどなあ、個人的には。


ではここからはゲスト作品の感想を。

・具合が悪いので休ませてください
かなり優秀な作品だと思います。
学校で頑張れずに授業をサボりがちな女の子・陽子と
いい加減な性格の養護教諭の二人がメインとなる保健室もの、という感じ。
登場キャラクター全員が魅力的なので、読み応えがありました。
陽子の、マジメな性格しているのに授業に出る勇気を持てないでいる子、
というキャラ設定がかなりいいですね。
養護教諭のお気楽な性格とかみ合わせが非常にいいです。
保健室という狭い空間で展開する話のわりには、登場キャラも増えそうで話が広げやすそうですし、
とても先が見てみたいと思えた作品でした。

・ハナイロ
花を咲かせる能力を持つ女の子…… 最近他のきらら系でそんなのがあったような……うっ頭が
でもまあ、この作品は絵も綺麗でキャラも立ってるし、
適度に四コマ的ユーモアを混ぜつついい話でまとめていて、なかなかの出来でしたから
悪くはないんじゃないでしょうか。そつのない作品という感じで、無難に萌えられそうかな。

・そよ風テイクオフ(3話目)
ゲスト3話目にして、多少パワーダウンした印象。
鳥とのコミュニケーションをメインに展開する話もまあいいんですが、
飛行機で飛ぶ話が見たいんですよね、この作品に関しては。
ともあれ、絵も題材も悪くない作品ですから、連載化を期待したいです。

・アイはぐ~星ノ宮中学アイドル育成部~
キャラの顔見せと設定の紹介という内容で終わってしまった。
いや、いきなり五、六人も大挙してキャラが登場してくれても
感情移入する暇もないし。まあ3連続ゲストの1回目なので様子見ですね。
絵はまあまあ可愛いです。


こんなところですね。
あと、今号は読書感想文企画の結果発表があり、
読者の投稿した感想文が4ページにわたって掲載されていました。
自分が投稿したわけでもないのに、感想文を読むのって なぜか気恥ずかしい気分になるなあ。
でも作品への愛を感じられるものや、ちょっと奇抜なものなどあるので
好きな作品の感想文なら読む価値はあるんじゃないでしょうか。
しかしMAXは長めの連載が終わったり、終わりそうな気配を漂わせているものも多いし、
そろそろ過渡期が訪れそうですね。
優秀なゲストが多いので不安はそこまででもないですが、
看板作品の世代交代がうまくいってほしいところです。

自己紹介
ニックネーム:houtengageki

自己紹介:エロゲーマー。
エロゲー批評空間で
エロゲーやギャルゲーの
レビューとかしてます。

Twitter:houten_kouta
批評空間:houtengageki

当ブログ、上記リンク先ともに
18禁ゲームの話題を
扱うことがありますので、
18歳未満の方は
閲覧をご遠慮ください。

リンクフリーです